AYAシリーズ
綾織クロス一体成型は、一般的な合せ形の接着の概念がありません。
カーボンクロスとUDをX字状にラミネートし一体形に裁断後、U字に曲げ金型で焼きます。
AYAの丈夫さはこのU字形にあります。安定した最も信頼性の高い工法です。
加熱加圧の機械的成型は人の手が介入できずピンホールや肌が出ます。ご容赦下さい。

平織りバイアスとストレート綾織り (問い合わせの多いマニア的なお話です)
伸縮性が有ると言われる綾は生地の風合いの話です。
板状に成型すると方向により平織りより僅かですが綾織の方が伸縮性が少なくなりますが、
一般的に成型業界では差は無いと言われます。平織りは糸が1本毎にくぐります。綾は2本です。

<曲げ弾性の当社テスト>
UDは直線で伸びは無いに等しく、同一ugピースを比較するとUDが同一面積に10本並ぶと、 強度は10対0
クロスは縦5本横5本 5対5 単に曲げ強度は方向性が無い代りに単純に半分です。
それに加えて糸が蛇行して伸びが加わり曲げ強度は約3分の1です。(剛性は上がります。)
UDの優位性は釣り竿をイメージしてください。


一般なローターのネジレ方向強化は平織りバイアスで、AYAは内部のXテンションUDが受け持ちます。
継ぎ目の無い一体成型はラミネート接着に見られる中間剥離を防止する3次元織りと同等以上の破断限界点を持ちます。
エンジン全開2000rpmで高度50mより墜落しても地面が軟らかいと稀に壊れない事があります。(大体ポッキリ折れますが)
AYAは全ての糸が上下繋がりの巻き込みで、理論的に前縁が開くことはありません。丈夫です。

<AYA仕様> 対称翼  カーボン繊維100%  


     内圧成型機8台  門型NCテーブル1mx2m 同時4軸補間 (細かい仕事が得意です、奥に少し見えます)
金型(アルミ)製作とCADCAMモデリングも自社で行います。


ZIGSAW LTD.
53 SINNUMA-CHO KITA-KU NAGOYA JAPAN 462-0062
PHONE 052-902 -1101  FAX 052-902 -1009

株式会社ジグソー 462-0062 愛知県名古屋市北区新沼町53
代表者 足立 茂